知る人ぞ知る⁉︎隠れ家リゾート、タイ南部のカオラックへGO!

日本人にはまだ馴染みがない?オトナリゾート、タイのカオラック!

次の旅行先に南国のリゾートをお探しのあなた、タイ南部のカオラックをご存知でしょうか?タイの首都バンコクへは日本から飛行機で約6時間半、そこから乗り継いで約1時間半で南部プーケットに到着です。プーケットの空港から南に下りプーケットステイを楽しむ旅行者は多いですが、ツウの旅行者は北へ向かってタクシーで約1時間かけてカオラックを目指します。道中はなんとものどかな林の中の一本道を進み、水牛や馬、ときにはゾウ使いがゾウの散歩をしている風景に出くわしたりする道を行きます。こんなにローカルな風景ばかりでリゾートなんてあるの?とやや不安になる頃に、山道を抜けた丘の上から見えるのは息を呑むばかりに眼下に広がる海!ここからが隠れ家リゾート地カオラックのはじまりです。

タイ、カオラック滞在の楽しみかた

東西に長く伸びる国道ペッカセーム通りに沿って、ダイビングサービスやレストランが軒を連ねます。タイの田舎町とは一線を画し、ここでは英語やドイツ語、ロシア語表記の店も増えてきています。世界中のスキューバダイバーに人気のあるダイビングポイントが点在するシミラン諸島への玄関口ということもあるので、カオラックに来たら是非シミラン諸島へ行ってみましょう。美しいサンゴ礁が広がり魚影も濃いので、シュノーケリングや体験ダイビングにチャレンジしてみると、今まで知らなかった新しい世界の扉を開けることにもなるでしょう。すでにダイビングを体験済みのダイバーならば、大型船で寝泊りしながらダイビングの旅をするダイビングクルーズもおすすめです。その日の海況の情報をもとに、一番きれいなポイントに行ってダイビングができるなんて最高ですね。海へ出なくてもホテルステイももちろんおすすめです。ビーチ前はのんびりした雰囲気ですよ。

計画的に旅行を考える事が重要

観光スポットや美味しい食事を把握する事

旅行先によって観光スポットが違っていますし、美味しい食事も異なってきます。そこで旅行先の観光スポットや食事について、どのような感じなのか自分なりに調べる事が大切です。特に貴重な情報を得る事ができる旅行先の情報誌を手に入れる事ができれば、かなり細かい情報まで速やかに入手する事ができます。その中でも魅力的だと感じる事ができた観光スポットや食事を見つける事ができた場合には、旅行する時に計画の一つとした考える事で当日楽しむ事ができます。旅行先によっては、観光スポットや美味しい食事がたくさんある為、悩まされる事があります。時間がある時に少しずつどのような予定で旅行を楽しむのか考える事が重要になってきます。

万が一の事態も想定する事が大切

観光スポットなどによっては、強風や雨などによって楽しむ事ができない事もあります。旅行先の天候に関しては、どうしてもコントロールをする事ができないので、万が一の事態も想定しておく事が大切です。強風や雨の場合には、スケジュールを変更して楽しめる計画を考えておくと万が一の事態が発生しても安心です。室内施設の場合には、強風や雨の影響はほとんど受けません。しかし屋外にある施設や観光スポットは、あまりにも天候が悪いと行く事ができない事もあるので、警戒しておかないといけないです。良い天候を祈るしかないのですが、もしも強風や雨などが酷い場合には、それでも楽しめる事ができる計画を考えておく事が求められてきます。

一人旅のメリットとデメリット

一人旅をすることのメリット

旅行をすることのメリットは、普段の生活環境とは異なる環境で、日常では体験できないことができることです。このような新鮮な経験を通して、私たちの精神にとても刺激を与えてくれ、心を成長させてくれます。見知らぬ土地を歩き、人々との交流をすることによって、新しい発見や、世界観を広げてくれるでしょう。特に、一人旅をするときは、旅行中は基本的にすべての行動を自己判断で行います。例えば食事をどこでとるかや、移動手段をどうするかなど、この選択は無意識のうちに次々と迫られているのです。また、道中にアクシデントがおこった場合には、臨機応変に行動をとることも鍛えられます。旅行中に体験した出来事をお土産として家に持ち帰り、私たちは心身ともに一回り成長したと感じられることが、旅行の醍醐味です。

一人旅をすることのデメリット

一人旅をすることのデメリットは、旅行中に体験したことを共有できる人がいないことです。もちろん、現地で出会い、知り合いになった人ができればそれに越したことはないですが、せっかくの非日常的な体験を分かち合える人がいた方が喜びは倍増するのではないでしょうか。最近はSNSでよく旅行中の写真や状況を投稿する人も多いですが、やはりそれを見るだけなのと現地の空気に触れることとは情報量も全然違います。また、性格によっても一人旅の魅力は異なってきます。一人の方が気を遣わず自由に行動できて良いという人には最適な一人旅行ですが、一人ではちょっと心細い、誰か話し相手が欲しいという人にとってはややハードルが高く感じられます。それぞれ自分の性格にあわせた旅行ができれば、とても充実したものになるでしょう。

防犯対策が必要な旅行

防犯意識を高める事が大切

旅行は知らない場所や土地に行きますので、気分転換や楽しい時間を思う存分満喫する事ができます。しかしトラブルなどに巻き込まれてしまった場合には、楽しい時間を過ごす事ができないだけではなく、苦い思い出としてずっと残ってしまうかもしれません。そこで防犯意識を高める事によって、トラブルに巻き込まれる可能性を極力減らす事ができます。置引に遭わないように常に大切な物は所持したり、予め旅行する場所や土地の治安を調べたりする事が重要です。場所や土地によっては、置引などが頻繁に発生している事もありますので警戒する事が大切です。高い意識を持って旅行をする事ができれば、楽しい時間を何時までも旅行中に堪能する事が可能です。

防犯グッズを活用して楽しい旅行を実現

旅行をする時に防犯グッズを使用する事で、精神的な不安や問題を速やかに取り除く事ができます。特に子供や女性の場合には、旅行先でアクシデントが発生するかもしれません。しかし防犯グッズを所持する事によって、万が一の事態も発生しないように避けられます。色んな防犯グッズが存在しており、使用方法に関しても比較的簡単になっている事が多いです。しかし防犯グッズを正しく使用する為には、説明書をしっかりと熟読しておかないといけないです。誤った使用方法を選択してしまうと本来の役割を果たす事ができなくなる恐れがあるからです。素敵な旅行を実現する為にも防犯グッズを活用する事で、万が一の事態も予め回避する事が可能になります。

旅行中の乗り物酔いに備えてできる対策

症状を軽減できる薬で旅行の乗り物酔いも安心

旅行の際には車や電車で移動する機会が多いですが、その際に困るのが乗り物酔いです。長い間乗り物の中で揺られていると平衡感覚が狂って気分が悪くなり、めまいや吐き気などの症状が起こります。このような乗り物酔いの症状が起きるかどうかは人それぞれの体質に大きな違いがあり、特に酔いやすい人は旅行前に万全の備えが必要です。効果的なのは、乗り物に乗る前に酔い止めの薬を飲む事です。酔い止めの薬は、吐き気を引き起こす中枢神経の作用を一時的に抑制し、症状を軽減してくれます。ただし酔い止めの薬は、服用してから効果が生じるまでにしばらく時間がかかる場合もあるため、30分から1時間前程度は余裕を持ってあらかじめ飲んでおくと安心です。

乗り物酔い対策には乗る姿勢や体調管理が重要

旅行中の乗り物酔いは、車内の環境や乗る姿勢によっても症状が大きく変わります。体はできるだけシートにゆったりと腰かけ、無理な姿勢は避けるのが賢明です。服装もできるだけ体を締め付けないものを選びます。また窓から外を眺めるなど、遠くに視線を移した方が酔い対策になります。旅行で乗り物に乗る前の体調管理も重要なポイントです。前日に夜更かしして睡眠不足の状態であると、普段はあまり酔わない人でも乗り物に酔ってしまいかねません。十分に体を休めて旅行に備えるのが、乗り物酔いを防ぐコツです。乗り物酔いはある程度慣れることも可能なため、定期的に車や電車に乗る機会を作ったり、運動して平衡感覚を鍛えるなどの対策方法もあります。